ブログトップ

Maryam'sHP

maryam0511.exblog.jp

イランのTEHRANより日々思いついた言葉を発信しています。

<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧





ここ数週間義母の体調のことでザワザワとしていた。
定期検査でガンを発症している疑いがあるという結果がでて
再検査をしても数値があがっていたからだった。

昨日の精密検査の結果、どこにも異常はみられない、ということで一安心したのだけれど、
義母はドイツから帰国したときに目に見えて痩せていたので、
もしや・・・っと実は私も疑っていた。
なにはともあれ良い結果がでて、実に有り難く感じたのだった。

明日は、ドイツから義妹が一週間弱の日程でイランを訪れる予定。




今日は室内温度がイラン式のクーラーをかけていても36度で、
午後の室外気温は40度。

午後本棚の本を移動させる作業をしていた私は、動悸のような息切れがした。

まだまだこの暑さは夏のはじめのもので、これからが暑さ本番になるのだけれど・・・


壁の修正とペンキの方は、時間の調整がどうにもこうにもつかずに中途半端なままで、
作業途中のために、家中が片付いていない状態が続いている。

普段物置と化していた、本棚がおいてある部屋の壁も酷い状態だったので、
本棚の本をダンボールに詰めて、棚をすぐに移動できるよう準備だけしておいた。

次々に箱詰めされていく書籍を見ながら、これらの本は私の好奇心や趣向をよく表しているな…
っと思ったのだった。


国内・海外の文学、古典、国語学、語学、歴史、音楽、美術、絵画、占星術などなど・・・


これらは私の脳みその欠片で、書籍の知識、内容のごく一部しか私には習得できなかったけれど、
ごく一部でもこれらは私の脳に埋め込まれていて、いろんな色や形や品質の欠片が、
煩雑で、統一性のないモザイクを形成しているように感じたのだった。




***********





この脳のモザイク模様を造りしは煩雑極む吾が蔵書なり




究めしは煩雑なりて学ならず棚並ぶ書の吾に示すは



*****




泣きごとを言うことさえ許されず、私に強制連行され、はるばるイランまでやって来てからというもの、ずっと私に寄り添い続けてくれて感謝してるんだよ、わが蔵書よ!













[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-30 22:14 | 言葉




今日はイランの暦では4月の6日。

太陽が牡羊宮に入った時に新年を迎えるイランの暦では、

蟹座宮に太陽が入る日が4月の1日で夏至となる。

イランの4月、ティール月とともに夏が始まる。

ティール、モルダード、シャハリーヴァルの三ヶ月が暦の上での夏。

太陽が天秤宮にはいる日、秋分の日であるイランの7月メヘル月の1日が秋の開始。


さすが、古代天文学の発祥の地であるメソポタミヤの地にある国の暦。


昨日は重い重い、重い腰をあげて、十年以上前にここに引っ越してすぐ、

どういうわけか罅が入り壊れていった北側の寝室の壁を、業者さんをいれて修繕した。

(おそらく引っ越した年に春雨がたくさん降って、どこかからかそれが漏れ伝わって、塗ったばかりでまだしっかりと固まっていなかった壁に浸透して壊していったと思われる)

随分前からみるも無残な姿をしていたから・・・


部屋の家具を移動したり、居間と廊下にも壁と天井に罅割れと崩れがあったのでそれも修繕してもらった。


明日はこの上にペンキを施す予定。その後、趣向をかえて、壁紙を貼ろうかと考えている。




テヘランは夏に入ったら、少し日差しが弱くなった感じで、

ここ数日はお湿りがありそうでなくて、私の心を焦らすような

嬉しいのか悲しいのかわからないような笑みを向ける空が続いている。

ルーゼ(日没まで断飲食を行うこと)を行っている人にとっては、

のどの渇きによる辛苦が軽減されているだろう。


今日はイスラム陰暦のラマダン月の19日で今夜から明日の朝にかけては、

シーア派初代イマームのために夜通しの祈祷が行われる。





************






嬉しゅうか悲しゅうのか見て取れぬ笑み向ける空に吾は焦らされ





嬉しゅうも悲しゅうも空慈しむ浄化の涙吾に与へよ










rblog-20160626104115-00.jpg





rblog-20160626104115-01.jpg



Instagram機能使用






[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-26 15:15 | 言葉




セタールを習い始めて一年二ヶ月が経過して、大分音良い音がでるようになってきた。

けれども、相も変わらず私はイランの八分の六拍子のリズムを、
(打楽器で刻むのはそれほど難しくはなくなったが)
キーボードの伴奏で二拍子でうまく刻めない。

六拍子をテンポを早めた三拍子で刻んでしまうと、
独特なリズム感、ステップを踏むような跳躍する感じがなくなってしまいワルツとなってしまう。
先生は以前から六拍子を二拍子で刻むようにと仰るのだが、
これが私には難題だった。

六拍子に馴染みのない私は音楽を習う前は、六拍子の曲を弾いているつもりが、四拍子で弾いていることに、
気づきもしなかったのだがそれに気づいたから以前よりは進歩したのだろうけれど、
気づいても指のほうはなかなか、頭で理解しているようには刻んではくれない。

それは、セタールで六拍子の曲を弾いたものを録音して聞くと、
テンポが半拍遅れたり、早かったりしていることからわかる。


イラン人の血が半分はいっている息子は、音楽なんか習ってなくてもテーブルを叩かせると無意識に叩いているリズムであり、
彼の血のなかにはしっかりとこのリズムが息づいている。
一方私は未だこのイランのリズムに、しどろもどろ・・・




**********




習ふとも学ぶとも根付かぬか吾が血(地)にはなきイランのリズムよ




習っても学んでもわたしには根付かないのだろうか?私の血にも、私の生まれた日本という地にもないイランのリズムは・・・




********



伝統的なイランのリズムの曲をセタールで弾いている動画をアップします。

いくら弾いても途中で微妙にテンポが狂うので世界のYAMAHA様様のキーボードにはいっている、
イラニアンリズムに助けてもらいながら弾いているけど、やっぱりなんだかずれている・・・


TombakやDAFの打楽器があると非常に助けられるわけであります。

一人二役でTOMBAKを叩いてリズムを録音して、それにセタールをのせようか?とも思ったけれど、

ラマダン月で階下の義母のところで連日コールアン会が開かれているので、Tombakは音が響くから諦めました。



繰り返し部分が多くもっと長いのですが、一分四十秒に縮めました。どうぞお聴きくださいませ。


こちら






[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-23 16:39 | 趣味







盗(と)らるゝもなほ余りた(足・垂)るさくらんぼ




**********



盗まれてもそれでも垂れている、取り残された分でも私たちには充分に足りるほどのさくらんぼよ




******



去年は春過ぎてからの冷気で全滅したさくらんぼ。

幾つか桜の木も枯れてしまって年々収穫量が減って来ている。

一週間ほど前に義父と婿さんのひとりが果樹園を訪れた時は、まだ紅で真紅、黒味がかった紅になっておらず、来週には丁度良かろうとほとんど収穫しないで置いたさくらんぼ。



その後四、五日して、隣の果樹園に来ていた労働者にごっそり持っていかれた!

っという報告を携帯で受け、義父は憤った。


次の日に現場を見に行った義父は、予想外なことに、私たち以外の親戚にもお裾分けできるほど、また三人家族の我が家では一回ではとてもとても食べられないほどのさくらんぼを持ってきてくれたのだった。



今年の豊かな実りに感謝。









rblog-20160621112433-00.jpg







[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-21 15:56 | 言葉







昨夜、丑三つ時に窓の外を眺めたら、

ほぼまあるいお月さんがとても美しく輝いていた。


そうそう、そろそろ満月じゃない?

っとネットで調べてみたら今日は十五夜。



イランのイスラム陰暦を確認してみると、明日がラマダン月の14日で、

うーーーんこのズレはなんだろか?と思いつつ、深く考えないことにした。


ラマダンも折り返し地点近く、明後日はシーア派二代目のイマームハサンのご生誕日で、

明日の日没後の断食明けの食事エフタルの後は、イランの多くの場所で、宗教のパーティーが開かれる。


義母がこの日にたくさんのお客を呼ぶのが恒例となって久しいけれど、

4・5年前に実に嫌な目に遭ったことがあるわたしは、それからは当日に台所で、

お手伝いさんと一緒に下働きするぐらいで、お客の前にも姿を現さないでおられたら、

現さないでいたい、、、っと密かに切なる願いを抱きながら、それでも顔を出すようにはしている。




わたしがこのように宗教行事と一線を引くようになったのは、結婚してから10年を経過した後で、

それ以前はできるだけ協力しようとわたしなりに一生懸命過ごしてきた。


距離を置くようになった理由はもちろん一つではなく、

そのように至った経過は、わたしにとってはひとつの大きな、大きな傷で、

いまでもその傷跡は目に見えずとも、私はそれから目を背けたくなるものだ。



今年もこの毎年恒例の行事で義母の横暴を感じて、実に嫌な気分になったけれど、

とにかく明日を無難に過ごしたい、ただそれだけ。


イランにいる限り、宗教行事とは無縁ではいられないのはわかっているから、

ただただ、心安らかにやり過ごしたい、、、ただそれを願うのみ。



イスラム教徒の挨拶は SALAM で あなたに平安あれ という意味なのだが、

善を振りかざした横暴に気づかない人が多く、なんど衝突しても分かってもらえない。


義母の善行は善行で、それを否定する気は私にはサラサラない。


ただただわたしの願いは、どうか嫁のわたしを貴女と同一視、自分の身体や腕のようにみなすのをやめてほしい、

わたしを蛇が蜷局(とぐろ)をまくように、自分が得意なことに巻き込むのはやめてほしいだけなのだ。


わたしは貴女と敬虔な貴女様のご一族とも異なり、立派な嫁でもなく、素晴らしい人柄をもってるわけでもなく、

親戚やご近所にもそう思われも構わないじゃない?


貴女が得意でもわたしは大の大の大の苦手であるということを容認してほしいだけなのだ。






*********************




逃げ場なき吾押すなかれ吾乞ふは日々人くちにす平安なりて


にげばなきわれおすなかれわれこうはひびひとくちにすへいあんなりて





******


居場所も逃げ場所も此処しかないわたしを、抗えない力で押し付けることをしないでください。

わたしがあなた方から切にほしいと願っていることは、貴女を含めた、イランの人々が、

日に何度も、何度も、挨拶として口にしている、心の平安だけなのです。







rblog-20160619153221-00.jpg









[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-19 20:09 | 言葉





子供達が夏休みに突入し、息子の従姉妹や従弟たちが休みとなり、

初代のWiiをしに息子のところへやってくるので、なかなか自分の時間がない。

一週間前はテヘランの街全体が砂埃に覆われ、陽射しが弱々しくみえるほどだったが

一昨日あたりから汚染状況は改善されている。


なんということもなく過ごしてはいるものの、

自分と向き合うこともなく、言葉がうんともすんとも出てこない。


ラマダン月には実に嫌な過去があり、今朝またそれを思い出させられ、

また五年も前から訴えているのに、理解してもらえない監禁、窒息空間に私はおちいっている。


数年前までは激しい怒りと悲しみの矛先を、堂々巡りの末、行き場なく自分の心に突きつけていた。


居場所も逃げ場所もないのは五年前も、数年前も、今も、この身もこの心も同様で、

今朝はいざとなったらエスケープしてやってもいいじゃないか、

イランの主婦としての一切を拒否するストライキをしたっていいじゃないか、

などと思ったのだった。



***********





梅雨なくて砂埃舞ひ荒るゝこの街に夏来ぬ前のひと降りを待つ


つゆなくてさじんまいあるゝこのまちになつこぬまえのひとふりをまつ


*****


つゆというものがなく、乾ききった砂埃が舞い荒れるこの街に、

夏本番が訪れる前の慈みの雨がひとふりするのを、

毎日窓を眺めながら私は待っている。





********************




写真だけはそれでも撮っていて、インスタグラムで調整加工いる。





夕陽よ、いってらっしゃい。君が昇るを心待ちしている人々の処へ


rblog-20160615153608-00.jpg






空と雲を結ぶ白い数段の階(きざはし)



rblog-20160615153608-01.jpg




湧き上がるような望みを雲で空に託す



rblog-20160615153608-02.jpg




友人のイラン人女性がインドからもってきてくれた。大理石でできている。



rblog-20160615153608-03.jpg






[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-15 20:09 | 言葉



昨夜半年に一回のリウマチの定期検診にいってきた。

指が頻繁に腫れて痛み始めたのは二十歳を過ぎてすぐだった。
日本でもイランでも、その後何度となく精密検査をしてもらったが、
リウマチ陽性という結果がでたのはなんと三十八歳の時だった。
その時の先生に、
今でもずっとお世話になっている。



精密検査の結果はとくに問題はないけれど、
ヴィタミンDが不足しているとのこと。
ヴィタミンDは毎日服用しているカルシウム剤にも入っていてまた、
それ以外にも月一回ヴィタミンDを服用するように言われていたのに、すっかり忘れて、飲んでいなかったのがいけなかった(当然)。

ヴィタミンDの他にステロイド剤を毎日と、週一回 methotrexate も服用している。
これらは服用しないと、患部が疼くような痛みをもって訴えるので忘れないし、
毎日の薬の時間はスマホがアラームで知らせてくれる。




ただちょっと気になっているのは、
リウマチとは関係ないけれど、半年ぐらい前から頻繁に食べものが食道を降りていかなくなっていること。
医者には、食道に傷があるのかもしれないから検査をしたほうが良いと言われた。



ステロイド剤を服用するようになってから、低血圧(90-100)ぎみだった血圧も120-130になってしまった。
ステロイドは肥満、高血圧という副作用がある。
そういうわけでわたしには適度な運動が欠かせない。
カルシウムも破壊されるので爪が薄くもろくなって、セタールを弾くのに右人差し指の爪を多少伸ばしたいとおもってるのに、
良い音がでるようになったな、、、っと思うと爪が割れてしまう。

イランでの生活では、魚をほとんど食べないので、
牛乳やヨーグルトでカルシウムを補給するようにはしている。



右中指と左手首が腫れているけれど、悪化はしていないようでホッとしている。


********************



離れずして骨の髄まで知り尽くす仲となりなむ不治の病よ


かれずしてほねのずいまでしりつくすなかとなりなむふぢのやまひよ



*********************



この身体に発症してからは一時もはなれることなく、
そしてとうとう、文字通りわが身の骨の髄まで知り尽くす仲となってしまったね、リウマチという不治の病よ












[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-08 23:41 | 言葉






御身もてラマダンを告ぐ夏の月



**********




言葉でも音でもなく、その御姿をもってラマダン(ramazaan)月を告げる夏の月よ








rblog-20160607085356-00.jpg

shabaan月の終わりにみえた下弦月










[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-07 13:25 | 言葉





言の葉に羽を与ふて放つならたつ鳥に名もあても持たさぬ






ことのはにはをあとふてはなつなら

たつとりになもあてももたさぬ





***********



言葉というものに羽を与えて放つならば

立っていく鳥に名も目指すところも、帰るところも無い方が良いように


その言葉が誰が誰に宛てた、どういう状況を表現していると言ったような、

個別性、特殊性は持たせない(で放ちたい)。




*********



思考を言葉にするということが

私の中で変化しているようで

言葉にする作業に躊躇いを伴うようになっている


自分でも何をしたいのかよくわからないので


曖昧模糊としたことしか記せないのが申し訳ない……




**************************************


時間と体力がなくて更新が滞っております。

ここのところ持病の調子がよくなくて、

久々に右中指が曲がったまましばらく伸びなくなりました。

今朝はその中指の痛みで目覚め、みたら上から下までパンパンに腫れています。


傷口の治りが悪く、だるくて、免疫機能が低下しているものと思われます。


今日は精密検査の結果を取りに行き、明日は半年に一回の定期検診に行きます。





それでも一昨日、日帰りで息子とともに義妹のヴィラに行ってきました。

久しぶりに澄んだ空と空気を満喫してまいりました。


わたしは休日も朝ごはんはおそくとも7時、お昼は12時前後、晩御飯は6時前後にいただきますが、

この日は完全なるイラン人の時間帯でお昼をいただいたのは3時、夜は11時近く、

そのあと帰路についたので、昨日は一日中、睡眠と、食事の時間の大幅なズレによって、

身体がへんちくりんでありました。


季節の変わり目皆様もどうぞご自愛くださいますように。








rblog-20160606082356-00.jpg



rblog-20160606082509-00.jpg




Instagramで加工









[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-06 12:58 | 言葉




”螺旋(二)意識のプリズム” に幾つか更新致しました。



https://crmg.me/w/8467/34847






更新項目



・御業

・劣等感の行方

・一方通行

・想いの次元





文章の下、左右にある、

”前へ” または ”次へ” をクリックなさるとページが前後に移動します。



どうぞご覧下さいませ。








[PR]
by Maryam051144 | 2016-06-01 13:19 | 奇譚