ブログトップ

Maryam'sHP

maryam0511.exblog.jp

イランのTEHRANより日々思いついた言葉を発信しています。

<   2015年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧





この年も数多の事ぞありしとも

心の海は今凪にけり


***


今年もいろいろあったけど

何事もなかったように

心は今凪いでいるのだった



***********


頬伝ひし涙の数もその理由(わけ)も

思ひ出せるも出したくもなく


***


頬伝った涙の数も涙の理由も

思い出せるものの

そういう事はあまり思い出したくはない



**********


頬浮かびし笑みの数もその理由(わけ)も

思い出せたり出せなかったり



***



頬に浮かんだ笑みや笑いの数も理由も

思い出せるものもあれば、

愉しかったことはできるだけ憶えていたいけれど

残念ながら記憶に残らずに

今となっては思い出せないものもある



**********



斯くがごと己が心と距離保ち

来たる年も過ごせれば良し


***


こんな具合に自分の感情との距離を保ち

来る年も過ごせれば良い



**********



いつか時繋がる笑みと涙なら

時来たらば思ひ出づらむ


***


来年に、いつかという時に繋がっている

涙、笑み(喜怒哀楽)であるならば

その時がくれば

きっと鮮明に思い出すはずだから





***************




今年は、文章よりも短歌をアップした年となりました。


短編がかけたら良いなとか、春 というお伽噺の続きが書けたらとか、そういう思いがなかったわけではないのですが、結局思うだけにとどまりました。


大雑把な予定はあっても、行き当たりばったり に生活するというのがすっかり定着して、アップする文章も正直なところ、自分自身今日はどんな言葉が飛び出てくるか?っと自分の指の動きをみまもっているような次第で....




そんな衝動だけで書いているような私の書き物に、この一年間お付き合いくださいました皆様、本当にありがとうございました。






皆様方の

来たる年のご健康とご多幸を


そして

子供たちにとって明るい未来が輝く世界でありますようにと


願ってなりません!







2015年 大晦日


Hiro Maryam






rblog-20151230232517-00.jpg











[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-31 04:58 | 言葉





嘆息とともに思いを吐き出さむ

吐き出してこそ吸ふは叶ひて


***


嘆息とともに嘆きの思いも全て吐き出してしまえ

吐き出すことによって新たな息を吸い込むことが可能になるのだから


**********


吸ふ と 吐く

相反するも背を合はす

吸ふをながくとどむ能はず


***


吸うことと吐くことは

相反することだけど表裏一体背中合わせ

吐かなけれ吸えず

吸わなけれ吐けず

吸ったものをずっと留めて置くことなど出来ない



**********


覚えなく吾息をすを知らさるゝ

大きく深きため息ひとつに


***


自分が息をしていることは

自覚出来ないほどに自然なことだけれども

自覚がないぐらい自然に呼吸出来ることは

とても有難いこと


そんなことに気づいたのはずーーーっと昔のことなのに

私はまたすぐに忘れて

嘆息をもらしてしまうのだ!!


大きな深いため息によって

再びそのことを知らされたのだった








[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-30 06:23 | 言葉







嗚呼やりたしと思うことは限りなし

手足二つに身一つの吾





*********



心というものは

吾ながら実にわがままで図々しい....






皆様ご多忙のことでしょう....


ご自愛くださいますように。








[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-27 20:08 | 言葉




寒篭めり空に月花(げっか)浮くとみゆ

喧騒下界に鳴り響けども





緩慢な交通整理の仕草さへ

笑ひ見過ごす吾は安穏





*******



先日の言葉のスケッチ(素描)を歌に....


忙しく動く現象に

身は左右されるとも

心惑わされないで眺めていると

違った風景がみえてくる










[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-27 10:18 | 言葉




叫び泣く悪夢覚めれば
薬効は冷めつ身はまた熱くなりて





大切なものが壊れ、

手元からみるみる崩れてゆく夢だった....



昨日の昼過ぎから発熱。

皆様、ご自愛くださいませ。




[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-26 06:07 | 言葉




叫び泣く悪夢覚めれば
薬効は冷めつ身はまた熱くなりて





大切なものが壊れ、

手元からみるみる崩れてゆく夢だった....



昨日の昼過ぎから発熱。

皆様、ご自愛くださいませ。




[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-26 06:05 | 言葉



夕陽落ち

お月さんは柔らかき

蒲公英の綿毛が如き光纏いて空に咲く



街は帰宅途中の車に押され

暫し喧騒を響かす



街ゆく人々の頬は

寒さの中にも穏やかに緩やかに見ゆ





交通整理する締まり無き警察官が身の緩慢な仕草さえ


笑って見過ごせる吾もまた


ひとひの業おさめし


安穏てふ名の薬効を得しか....







************



主よ




世界が

世の中が

社会が

子供たちが


忙しき中にも


ひとひの終わりに

安穏という幸せのうちに

心もその頬も緩め

空を眺められますように....





Merry Xmas








Hiro_Maryam












rblog-20151224104216-00.jpg







[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-24 16:14 | 素描





待たずして待つ究極の心得を

春待つでもなく咲く花にならふ



**********




待つという意識なくして待つという

物事を為す究極の心得を

春を、誰を待つでもなく咲く花に習う





********



先日わたしはT氏のネットサイトに、

3・4枚の花の画像がアップされている

っという夢をみたのでした。




T氏ご本人様が登場するわけでなく、
なんともみょうちくりんな夢だったので、

T氏にコメントでお伝えしたところ、



Yukiさんという方の


”花のように咲き 花のように待つ”


っという歌詞を教えていただき、

私の裡で閃光煌いたのでした。





数年前から私が 憧憬 している在り方…

(生き方と言ったほうが一般的なんでしょうけれど)

とは、


これをしよう とか これこれをしている

っという自意識なく、主体なくして為す 


ということでした。




自意識があろうともなかろうとも、結果的にそうしていた、

そうなっていた、現象はそう移ろっていた・・・・


っという存在の在り方です。



なんとなく歩いていた

なんとなく食べていた

しらないうちに眠っていた


っということを考えれば、
これは大したことではないのかもしれませんが、


待つ っということに於いては

心 が 何か、誰か、ある状態、ある状況などを期待しているわけですから、

自意識やら主体性とワンセットになっているのです・・・


わたしは大学時代に万葉集の講義のレポートで 

待つ ということをテーマに書いたことがありました。


待つ ことの苦しさ、失望と表裏一体の期待、信頼と猜疑心との間に揺れる逃れようもない心の葛藤・・・


そんな己が心の大きな揺れ動きとは正反対に、

ただ待つことしかできない苦悩....



万葉集や古今集時代の女性の苦悶を思ってレポートを記したのでした。


そんな想いがあったもので、


花が咲くように、春を、誰を、何かを待つでもなく咲くように

待つ ことができるならば


これはもう   究極の心得 に違いない!



っとインスパイアーされたのでした。















rblog-20151223094233-00.jpg







[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-23 15:21 | 言葉





描きては破り捨(す)つを繰り返す

わが心のスケッチブック




紙ならば天野原まで届きしか

これまで反故(ほご)にせしわが思想





反故重ねされど描き続けるは

心のページは日々白き空



************



心も空も日々新しい

真っ青な空

真っ白な心



そして

眺めれば懐かしさが込み上げる....



過去と未来を

常に新しい ”今” で繋いでるから












rblog-20151222205911-00.jpg












[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-23 02:31 | 言葉





大波の心襲ふはそのままに

意識放ちてひたすらに眺む




衝撃に耐ふ能はずに崩れ落つ

心の欠片みしも拾ふな




衝撃に入りて揺れを止むなかれ

力及ばぬこと心得よ




***********



心に大波が襲った時は

その衝撃に対して


なぜ

どうして

嘘よ

信じられない


などと

私は立ち向かはない


思考と視点を放ち

意識を放つ













rblog-20151221174125-00.jpg







[PR]
by Maryam051144 | 2015-12-21 23:13 | 言葉