ブログトップ

Maryam'sHP

maryam0511.exblog.jp

イランのTEHRANより日々思いついた言葉を発信しています。

<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧



昨夜は、久しぶりに夢の中で身動きがとれず、
夢の中だとわかっていても、思うように動けず、叫べず、恐ろしい思いをした。

うなされている私に気が付いた夫が、起こしてくれて助かった。

さめない夢も怖いものだ。

夜になって夫に一体どんな夢をみたんだと尋ねられた。

私の上にひとりおばあさんが正座して座っていた。
それが重くて重くて身動きできない。

おばあさんは顔も体も影のように黒くて顔も歳もわからない。
私がかってにおばあさんと思っただけでおばさんかもしれないし、
若い女性だったかもしれない。

ただ手になにか本とか箱のようなものをもっていて、
そこの部分だけが四角く真っ白だった。。。。。
と私は答えた。

それを聞いた夫は
それは何とか何とか何とか、、、ペルシャ語でなんか言った、、
そのおばあさんの耳だか舌だかをおもいっきり引っ張ると、

ごめんなさい、ごめんなさい

と言って手に持っている白い箱の中から紙をだし、
宝のありかを教えてくれて目が覚める。
昔から田舎の人がそれと同じような夢をみて宝を見つけたんだよ。

と言った。。。。。

私はお腹の底から笑い転げた。

思っても見なかった夫の反応。
まったく笑わせてくれる。

イランに本当にそういう伝承があるのかどう、かまだ確認していないが、、、実に面白い。

夫の言とは別に、朝起きてから、

どうして夢とわかっているのだから、夢の中でもっと勇敢に振舞えなかったのか?

と後悔した。

夢の中では勇者でなければいけない。
ここ一ヶ月一週間おきの発熱と、父の入院とで
私が如何に体だけでなく、心まで弱くなってしまったかが、
こんな夢をみて、うなされたことでもよくわかった。



2008年6月記載

にほんブログ村 海外生活ブログ イラン情報へ
にほんブログ村





[PR]
by Maryam051144 | 2008-06-28 01:32 |



私は高校生になる前後あたりから、
夢をみてなんとなく未来におこることがわかるようになった。
現在テヘランで生活しているが、それを予知していた夢というものも、高校2年生のときに見ていた。
でも夢で指し示されることは近い未来、、、数時間後におこることであったり、
その後10年もたってからわかることもあって、はっきりとはわからないものだ。

2002年にもこんなことがあった。
これは夢ではないのだが、
予感というか不安というか誰かが死ぬという漠然としたものを感じ始め、
そのときは義父が心臓病の手術をする前で、私はほぼ、義父の身が危ないのであろうと、
かってに推測し、けれども誰にも、、、夫にさえそれを告げる事ができずにいたのだが、
義父だけでなく、義妹が義父の車で出掛けるのを見ると、
突然交通事故を起こして死ぬのでは、、、と、
とにかく誰かが亡くなるということを前提に、物事を考えないではいられず、
1ヶ月ぐらいは不安と恐怖に心が休まることなく過ごしていた。

そしてそんな不安と恐怖がなくなって、
心臓病の手術をし終えた義父が退院して、ほっと一安心していた頃になって、、、、
母の訃報が入った。交通事故でほとんど即死状態だったそうだ。
私は母が亡くなる一ヶ月か一ヵ月半前から予感していたのに、
それがどういうことかはっきりとはわからなかった。
まさか ”母” が 亡くなるとは夢にも思わなかった。。。。。

私の予感というのは、ある状況ということはわかるのだが、
その状況がどういうことを指しているのかはっきりとわからない。
曇りガラスというかもっとぼんやり霧で覆われているような、
景色を目を凝らしてみているといった感じなのだ。
ここ一年は何かその漠然としたものを、もっと明確にできる道具はないかと考えて、
カードの存在を思い当たって、日本の心優しい友人に贈って頂き、それを有り難く使用している。

このタロットカードによって夢や漠然とした予感よりも、
はるかに状況を推測しやすくなったのだが、
まだまだはっきりとわかるまでにはいたっておらず。
これも数年データー、、、私の夢はもう20年以上もデーターがあるので
ほとんどはずれない。。。。が必要になるのであろうと思われる。

でもカードを使うようになったら、面白いことに夢をみることが以前の半分以下になった。
カードでわかるようになったから夢をみる必要がなくなったのか、、、と勝手に解釈している。
予感というのも自己防衛本能のひとつなのであろう、、、私は原始人に近いのかもしれない。

私の夢というのはカードに似たようなもので、夫や義姉妹などがみる正夢というものとは違う。
私は夢の中で象徴をみることが多い。私の夢占いのデーターは以下のようなもの。。。。

良い象徴

大蛇、大魚、羊、牛 大便 などを見る: お金に関する良いことがある。実際に大金が入ってくることを差す場合が多々。

水、湖、海、川 などをみる: お金が入ったりもするが、喜びごとがある。

泳ぐ、空飛ぶ、お風呂に入る: 将来的な、仕事とか、計画に明るい事が起こる。

有名人が出てくる: 自分の仕事や行動が他人に受け入れられたり、認められる。

古い友人が出てくる:友人や知人、など懐かしい人から連絡が届く。


悪い象徴

歯が抜ける、髪がのびるなど。

虫、蜘蛛、毛虫、凶暴な犬: 敵、嫉妬心を持っている人物の存在。

甘いものを食べる夢: 体調を崩す。

私は高校2年生のとき、おそらく100個ほどのケーキを食べる夢をみたら、
その後医者の医療ミスで臨死体験をした。

干物、味噌汁など塩辛い食べ物を食べる夢:体調良好を示す。

医者に診察を受ける夢: 病気の時は、病気や体調不良の回復。健康状態がいい時は病気になる。


などなど。

おととし見た夢は、10年近くあっていない高校時代の友人のTの夢をみた。
彼女は私の息子をトイレに連れて行っていたか?
オムツを取り替えていたかしていた。
そして 手にウンチがついてしまった と私に言う夢だったのだが、
私は彼女になにか幸運が訪れたのであろうと思った。

その後しばらくたって、姉にそんな夢をみたといったら、
夢に出てきたTが丁度私が夢をみた時期に結婚して、
旦那さまのご都合でだろうとおもうのだが、海外に移住するために出発をしたとのことであった。

この夢の場合、はっきり誰がということがわかったのだが、これは稀で、ほとんどの場合
いつ、どこで誰がということはわからないことが多々。
何がどうなるもほとんど曖昧で私がわかるのは、
それが良いことか悪い事かということで、
それが20年のデーターを基にした私の夢の限界である。
カードはそれに解説を加えてくれる道具であることは確かである。
ただまだ使いこなすに数年かかると思われるが。

IMG_1654.jpg

これは私が現在使っている GOLDEN TAROT。箱の絵 金貨、ペンタクルのキングの絵柄。手の小さい私はカードの扱いに慣れるまで半年ぐらいかかったが、現在ではあざやか?手つきでカードを混ぜたり、シャッフルしたり、カットしたりできるようになった。

IMG_1655.jpg
箱の裏側、棒、ワンドのクィーンの絵柄。

IMG_1656.jpg
カードに付いていた解説書。英文だがなかなか状況を的確に表すカードの意味が書いてあって、最近それに気付きうーーーんとうならされる事多々。

IMG_1658.jpg
本当にこのタロットカードは美しい。絵画教室で絵を教えている義姉が日本に行ったら買ってきてと熱望するほど。色調は落ち着いていて、優雅である。カードの周りは最初金箔がしてあって、ため息が出るほど美しかった。使うのがもったいないと躊躇してしまったほど。現在はぼろぼろに剥げてしまったが、それでもカードの絵柄の美しさは変わらない。



にほんブログ村 海外生活ブログ イラン情報へ
にほんブログ村


2008年6月記載


[PR]
by Maryam051144 | 2008-06-02 08:00 |